消費者金融比較のコツ

Archive for 8月, 2014

韓国での消費者金融の利息

グレーゾーン撤廃や過払い金返還請求、総量規制などによって、消費者金融はそれまでと同様の経営方針では存続が不可能となりました。また経済的な体力もかなりそがれてしまいました。銀行との提携によって活路を見出すと同時に、海外に新天地を求める消費者金融も増えました。ターゲットとなっているのは主にアジアの国々ですが、その中でも韓国への進出は目立っています。ここ4から5年の傾向です。


<韓国の消費者金融事情>

韓国の消費者金融のシェアの5割は、日系企業が掌握しています。韓国での上限金利は実質年率49%ですので、日本から見ればテイの良い闇金のような金利が認められています。その分、審査を緩やかにすることができます。借りる側の破産をした場合の打撃は大きく、公務員は辞職、資格が剥奪されてしまう職業は500種類にも登ります。「サラ金地獄」などの時代を経て借金苦にあえぐ人々の救済処置の意味合いが強い日本と比べ、かなり手厳しいものとなっています。そのため「なかなか破産はできない」という風潮があり、消費者金融にとってはまさに「新天地」が韓国なのです。日本の業者は上限金利49%ではなく、あえて日本で培ってきた30%前後の「低金利」でシェア拡大を狙います。

消費者金融はネット申し込みでノンストレス

消費者金融ではインターネットを経由した申し込みで、利用者が非常に増えたという意見があるそうです。お金を借りるローン商品を利用することは悪いことではありませんが、審査を受けるときは緊張しますし、人と顔を合わせるのはストレスを感じるかと思います。


消費者金融の申し込みはネット申し込みがいい

消費者金融は申し込みではネット申し込みが非常に多くなっています。もうほとんどの会社で利用できるといっても過言ではありません。申し込みはネットを使うため、知らない人と顔を合わせるストレスから解放されます。カードローン会社では無人契約機の普及も多いので、実際にお金を融資されるまで、自分以外の人と顔を合わせる必要がないというローンも非常多いようです。


スマホ一台で申し込みから返済管理まで

消費者金融が独自に開発しているアプリケーションのリリースも多くなっています。公式アプリケーションは無料でダウンロードできるものがほとんどなので、自分のスマートフォンにインストール後、申し込み、返済や借り入れで利用できるATM検索機能なども活用できるそうです。パソコンなどは必要ないのでプライバシー面の安心感も大きいという意見も多くなっているそうです。