消費者金融比較のコツ

消費者金融の初回特典を活用しよう

消費者金融では多くの初回特典を取り入れています。銀行などもカードローン、キャッシングのサービスを開始して、競争が厳しくなってきました。金利の面では銀行のほうが安いとも言われており、独自のサービスで顧客を獲得することが目的だと言われています。


消費者金融は審査がやさしい?

よく消費者金融は審査がゆるい、銀行では審査に落ちても消費者金融なら大丈夫だったという話を聞きます。これは消費者金融が、会社単体で審査を行い、会社が大丈夫だと判断すれば融資が可能なことが理由と考えられています。銀行は、銀行の保証会社というものがあるので、保証会社の審査もパスする必要があるからです。また初回特典などで、無利息期間などのサービスを展開できるのも、消費者金融のサービスの特徴といえます。


返済は支払う総額を試算しよう

もちろん、利息が安いほうが返済の負担は少なく済みます。ただし、無利息期間などが利用できる場合は、支払う総額を一度、試算してみたほうがいいでしょう。少ない金額で、短期間で返済を終えることができる場合、無利息期間を利用したほうが負担は少なく済むというケースもないわけではないからです。返済にかかる期間分だけ利息は発生するのは、どちらも同じです。ちゃんと計算・比較してカードローンやキャッシングのサービスを選ぶようにしましょう。

関連サイト→おすすめのカードローン(http://www.esc9.info/)

消費者金融で人気の即日審査

消費者金融の代表的な金融商品であげられるのが、即日審査や即日融資などと呼ばれる、審査から融資までの時間を非常に短くしたサービスです。審査では原則として本人確認書類のみが必要書類で、担保や保証人なども不要で利用できるのがおおきなメリットです。


消費者金融では申し込み時間に気を付けて

消費者金融のスピード審査では、当日の融資を行うことが可能な条件に、申し込み時間があります。これは銀行窓口が対応できる時間を目安に考えられているものです。消費者金融の即日融資では、審査に通過すると、すぐに希望する金額を、申し込みを行った本人の口座に振り込んでくれます。この振込みが反映されるまでの時間などを考慮し、多くの消費者金融ではだいたい14時くらいまでを申し込み時間としてあげています。もちろん、インターネットを経由した審査は24時間、申し込み受け付けは行われているので安心ですね。夜中に申し込んでも、早ければ翌日の昼間や夕方にはお金を借りることができるのです。


ネットバンク口座があると便利な場合も

これは会社によって違うので一概に言い切ることができませんが、一部のカードローンやキャッシングサービスでは、インターネットバンキングに対応し、ネットバンクにお金を振り込んでもらうことができます。ネットバンクの場合は、一般口座と違って、時間に制限がないところもあります。そのためスピード審査などでも24時間対応が可能ということもあるそうです。

景気回復に消費者金融規制緩和は有効か

企業の設備投資が冷え込んでいる現在、個人消費拡大への期待が高まっておりその一環として消費者金融の規制緩和により借り入れ金を増やし、個人の資金回転を活発にさせる効果を狙っています。日本の個人預金が異常に拡大している現在、個人消費の拡大策は間違っているとは言えませんが、消費者金融を利用する階層の人にこの狙いが当てはまるかどうかは、疑問の余地が残ります。一時的には回転資金が多くなり、個人消費拡大に貢献すると思えます。しかし、一方では返済に窮する利用者も多くなり、長期的に見ると必ずしも的確な景気浮揚策とは言えない気がします。


<緩和策が実現した時の利用者の心構え>

返済能力が十分ある人にとっては、消費者金融規制緩和により借り入れ金額が多くなり、必要に応じて資金調達が可能になるので消費拡大に抗けすることは間違いありません。しかし、返済能力が脆弱な人は自制心を働かせて、自分の収入能力に見合った借り入れを行う心構えが無いと、消費者金融に対する負債が膨らみ、その延長は個人破産につながってしまいます。マクロでみた景気対策とミクロ的に見た個人の懐事情は異なる事を十分認識しておく必要があります。緩和策により借り入れ許容金額が増えても、自分の収入が増える事にはつながらないことを理解し置くことが肝要です。

いろいろな消費者金融で借入があって困っているなら

気づいたらいくつもの消費者金融で借りてしまっていて、毎月いくら返済していて、いくら残っているのかわからない。返済日もバラバラで、返済し忘れてしまうこともある。利息をいくら払っているのかなんて見当もつかない。そんなときは借入をまとめることを考えてみませんか?


<おまとめローンのメリット>

おまとめローンは、複数の消費者金融などでの借入を全額出来る額をいったん借りて返済し、あとはおまとめローンの会社に月々返済していくものです。借入を一本にまとめるので、バラバラの返済にかかる手間を省けますし、金利も下がることが多いので返済が楽になり、返済の残額の管理もしやすいというメリットがあります。


<おまとめローンの注意点>

じゃあ、おまとめローンにしようと思ったあなた。おまとめローンも審査があることをお忘れなく。すでに複数の借入があるのですから、審査もきびしくなると思っておいて間違いはありません。きちんと働いて安定した収入がある、返済遅延をしていないなどは重要です。銀行と消費者金融のどちらのおまとめローンを選ぶかですが、銀行は金利が比較的低く魅力的ですが、審査は厳しくなります。消費者金融では金利は少し高くなりますが、審査は少し通りやすくなります。自分に合ったものを選びましょう。おまとめローンの審査に通っても借金がなくなるわけではありません。気持ちを引きしめて、しっかり返済してくださいね。

消費者金融の審査について知りたい

消費者金融の審査では、個人情報と信用情報について確認をされます。
年齢や住所、勤務先や年収についてチェックされますから正しく書いて提出をしましょう。
ちなみに、この信用情報とはあなたのお金に関することが記載されていますので、すでに他社から複数借入をしている人は審査に通りにくいので気を付けるようにして下さいね。
まずは、そちらを先に返済してしまってから利用されるのが良いでしょう。


消費者金融を利用する前に

消費者金融を利用する前に、その利用したい金融会社について調べてみることをおすすめします。
それが名のしれているところでもそうでなくても、事前の下調べは必要だと思いますのでご確認を。
また、評判や口コミについて調べてみるの良いですね。
貴重な意見を聞けると思いますので、色々検索をして調べてみるのがいいですよ。


闇金融には気を付けて

消費者金融を利用する時に気を付けてほしいのが、この闇金融なんです。
あまりにもうますぎる話や条件には食いつかず冷静に、判断をするようにしていただければ嬉しいです。
美味しい話だからといってすぐに食いついて、後から闇金融だった!と気付くことのないように、きちんと見極めることが大切です。
登録番号が掲載されていないところも、闇金融の可能性が高いと思った方がいいですよ。

消費者金融についてのイメージといえば?

今では色々な消費者金融がありますが、皆さんの中にはまだ怖いというイメージを抱いている方もいるのではないのでしょうか?
借金取りが家や会社にまで押しかけてくるのではないかという不安を持った方もいらっしゃるかと思います。
ですが、正しく守って使っていれば実際にそのようなことはありませんので安心していただければと思います。
以前はそういったドラマが放映されたりしていたので、そういったイメージが根付いているのかもしれませんね。


消費者金融はどんな人が使うイメージ?

消費者金融といえばやはり男性が使っているようなイメージがあるかと思いますが、最近では女性の利用客も多いみたいです。
またレディースローンと呼ばれるものがあり、その名の通り女性しか利用することが出来ませんし女性向けのプランをそろえた消費者金融もあるみたいですので、現在お困りの女性の方がいましたら調べてみて下さいね。
スタッフの方も女性が多いとの事ですので相談などもしやすくて良いかと思います!


どうやって選べば良いの?

一体どこの消費者金融を利用したら良いのか迷っている方もいらっしゃるかと思います。
どこが一番自分に合っているのか分からない時は、ランキングサイトや比較サイトがありますのでそちらを利用されると参考になって良いかと思います。

消費者金融の目的別ローンを使おう

消費者金融ではスピード審査や即日融資などで有名ですが、他にも商品を扱っている場合があります。会社によってもサービスや商品に差がありますが、決まった利用目的にためにお金を借りるのであれば、目的別ローンが非常に便利です。


消費者金融によって違う目的別ローン

目的別ローンは、会社によって違います。マイカーローンなどは多くの消費者金融が取り入れている目的別ローンです。即日審査などで利用するのは、利用目的を特に問わないフリーローンと呼ばれるローン商品で、禁止されている目的以外なら旅行でも、資格の勉強のために学費にしてもかまいません。目的別ローンは、この目的を限定したローンです。最大のメリットは、フリーローンと比較すると、金利が安く設定されているものが多くあることで、同じ目的で利用する場合は、フリーローンよりも目的別ローンでお金を借りたほうが、お得ということになります。


目的別ローンの範囲は意外と広い

会社によってはフリーローンしか扱っていないというところもありますが、目的別ローンでは目的を限定はしているものの、その範囲は広めに設定されています。ペットローンなどであれば、ペットの購入費用やお皿やハーネスなどの器材、医療費まで、ペットに関わるお金であれば利用が可能です。同じようにマイカーローンでも車を購入する費用であれば、車検でもオプションのお金でもいいのです。

銀行と消費者金融の違い

消費者金融と同じように、融資のサービスを行う銀行がふえてきました。このような小口の融資を行うキャッシングサービスを、銀行系カードローンなどと呼んで、区別をしています。消費者金融と銀行では同じサービスを行っているのでしょうか?


消費者金融に設けられた制限

消費者金融と銀行が行うカードローンやキャッシングに大きな利用方法の違いというのはありません。インターネットなどから申し込みを行い、審査に通過したら自分の口座に、希望する融資を振り込んでもらいます。返済は分割で行い、この返済時に利息を支払うというものです。しかし、消費者金融では貸金業法という法律が適用されるため、年収の3分の1を融資の上限としています。この上限規制を総量規制と呼んでいて、改正された貸金業法から適用されたものです。


車のローンや住宅ローンは関係ない

総量規制ではあくまで、消費者金融や信販系で借りているお金の金額の総額です。そのため、住宅ローンなど別のローンがあるからといって借りることができないわけではありません。銀行系カードローンにはこのような規制がないので、銀行が行う審査に通過すれば、融資を受けることが可能です。また収入証明書の提出なども条件がかわることがあります。

消費者金融とは何だろう?

消費者金融についてご存知の方もいらっしゃいますが、一度も利用された事の無い方はなんとなくという感じですよね?
消費者金融とは、消費者の信用を担保として消費者に直接融資を行うサービスの事です。
言葉にすると難しいかもしれませんが、いざという時にお金を借りる事が出来るという事です。
本当に現金に困ってしまった時には本当に頼もしいものなんです!


消費者金融のイメージは?

皆さんの中には消費者金融に対して怖いというイメージをお持ちの方もいらっしゃるかと思いますが、そんなことはないです。
規則を守って正しく利用すればとても安心のできるものです。
返済が出来ない、遅れてしまうとなると少し変わってきてしまいますが普通に正しく計画的にご利用すれば問題はありません。


返済はしっかりとしましょう!

ここで大事になってくるのが返済に関してです。
多くの方々はきっと返済日を守り返済しているかと思いますが、中には返済日から少し遅れて支払っている方もいらっしゃるのではないのでしょうか。
一度くらいでしたら許容範囲なのかもしれませんがあまりにもそういったことを繰り返してしまいますと審査に関わってきますので注意された方が良いかと思います!